プロジェクトの概要:かなえたいこと

このページをご覧いただきありがとうございます。
ここに至った経緯をご存知のかたも多いかと思いますが、はじめての方に向けて、これまでのことを簡単に説明します。
「私」というのは「つるの姉」である内藤みどりです。

プロローグ

2009年に弟が亡くなってから10年が経とうとしています。 今まで途切れることなく、弟の曲をなにかのカタチにして未来に残したいと考えてきました。 たとえば、東京オリンピック・パラリンピック開催が東京に決まった2013年頃、「弟の曲が入場行進に使われたらいいなぁ~」なんて夢みたいなことを思ってみたり。 でも弟の葬儀直後から始まった父の介護もあり、なかなか思いを実行に移せないで時が経ってしまいました。

度重なるピンチ!でも諦められなかった

2017年に父は天国へ、そのすぐ後から本腰を入れて動き出した矢先、今度は私が入院することになってしまいました。 今まだリハビリが続いており、車椅子の生活です。 ところが、そこそこ深刻な病だというのに、どうしてもその思いが捨てきれません。 しかし時間はどんどん経ってしまい、2020はもうすぐというところまで来ています。 そこでもっと大極に考え、「オリンピック・パラリンピックに限らずアスリートにむけての応援歌でもいいんじゃないか」って考えるようになりました。

そもそもなぜ「アスリート応援歌」なのか

弟というのは運動するのは嫌いではないのですが「ガンバルの大嫌い」なやつでした。
私達の時代のスポーツというのは「根性」が素晴らしい言葉の代表だった頃でしたから、そういった弟の気質は体育会系ではありません。

でも、スポーツ観戦は大好きで、オリンピックやワールドカップの中継などはかかさず観ていました。
2020年に生きていたなら、きっと東京オリンピック・パラリンピック観戦に行ったことと思います。

そのことから、弟の曲がスポーツに関連できたり貢献できたら素晴らしいなって考えたのでした。
それに「ポカポカ陽気に誘われて」の歌詞は、現役はもちろん、過去に活躍してきた、全てのアスリートたちに向けて歌われているように、私には感じたのです。

「ポカポカ陽気に誘われて」を吹奏楽で

主人と結婚してから、私はそれまで馴染みの薄かった吹奏楽についての感じ方が変わってきていました。
主人というのは吹奏楽出身で、現在ドラム講師をしています。

最近は鼓笛隊のパレードや吹奏楽の発表会に行く機会が増えました。
ある日弟の曲を吹奏楽で演奏したらどんなんだろうと思い
「吹奏楽で演奏してもらうというのはどう?」と主人に尋ねると、いきなり「譜面はどうすんのよ?!」と一蹴されてしまいました。

具体的目標その1:吹奏楽用の楽譜の作成と全国配布

「ポカポカ陽気に誘われて」を吹奏楽用に作成し、全国の教育機関に無料配布したいと言うのがまずはじめの叶えたいことです。

鼓笛隊にしても吹奏楽にしても、聞き慣れた有名なクラッシック曲がよく使われるのには、著作の問題だとか盛り上がり箇所があるかとか、色々理由があるようなのです。
でも、「高校野球の応援団はアニソンやJ-POPを演奏してるじゃん!」と、私の思いは逆に盛り上がってしまいました。
アスリートやサポーターたちは、曲も歌詞も含めてお気に入りの応援歌を持っていると感じるので、歌物だっていいんじゃない?って。

そこで自分で調べたところ、楽譜の作成費用はピンきりではありますが、ブラバン用に誂えると20万以上かかるようです。
それをサンプル音まで付けて郵送するとなると、100万以上!?かかる...

サンプル音までは行かないにしても、楽譜だけでも作りたいのですが、それに至るまでもハードルがあります。

ああ~~~資金調達しなくてはなりません。
今検討している資金調達手段などもここでお伝えしていきたいと思います。

具体的目標その2:被災地への音楽支援

2011年の東北の震災支援で、私達が行なったイベントの収益金を送ったことがあり、心に残っています。
そういったことが音楽の力でできるのなら、この先この曲をきっかけに他の曲でも企画が興せて、支援できるような立場になれたのなら支援を行いたいというのが叶えたい夢です。
静岡県は楽器の生産県でもありますから。

「有言実行」という勇気と効果

これまで幾つものサイト上で何度となく「やるやる発表」をしてきた私ですが、こんなに時間が経ってしまっても見守ってくれている方々がいて、とても力を頂いています。
今はどこに行くのにも主人頼みで動きがとれないことから、こういった方法しかないのもあり、NETで「発する」ことが「実行する」の一つと思っています。

アスリートからの提案

今回のことは弟の誕生日であった5月26日から具体的に発し始めましたが、それから今に至るまでに有名なアスリートの発信をTVで見つけました。
ご存知のかたも多いでしょう。
6月20日にTwitterで発信された長友選手の提案です。

今の私は何でも機会を見つけていこうとしていますが、流石に息子くらいの年齢の方に「夢を語って下さい」ということには最初は及び腰となりました。

予告動画に見たもの

でも、その前の予告動画を見ていると、彼の真意はまた別のところにあるのではないかと思えたのです。

動画の後半に「次のワールドカップに現役でチャレンジすること」を語っていて、自分の夢を「有言実行」しようとしているのではないかと感じたのでした。

決して大きいとは言えない彼の体格も、三年後の彼の年齢も、なんら問題にならないようなパワーをこのことで吸収し維持し、夢を実現できるのではないかと。
それは、こんなにも注目される大発表の中で言っているからです。強い覚悟を感じました。

理想の方法論にばかり言及し、一般論での理解しやすさを求めてくる人は勇気も資質もない人だから、気にせず突き進んでほしいです。
発した彼の勇気や心構えに感服しました。
実現させて下さい!ぜひ応援させて下さい!って気持ちになりました。

そして自分に置き換えると、今回のことを明文化し自分を鼓舞させることだけでも意味があると思い、この提案に投稿して参加してみることにしました。
とても目に留まるとは思えないのですが「やらなきゃ意味ない」ですからw。

みなさん、リツイート見かけたらマークつけてね!

むすび

病気のせいで、毎日毎日めまいで世の中がぐるぐる回って見えています。
そんな中、自分を整え続けることは至難の業ですが、逆に「これだけはやりたい・これしかできない」と思えてなりません。
病気になるまでは選択肢が今よりずっとあったためか、「ま、いっか」とやり過ごしてきましたが、こうなってしまった現実を受け入れるのには、選択肢はひとつとなっています。

長友選手の言葉を借りるのなら、人から見れば私「変になった人」って思われているかもです。
実際に日常生活は大きく変貌していますから、私自身もそう感じているのでしかたありません。

でも、この思いは状況に反比例するかのように強まっているのです。

どうかみなさん、ご協力をお願いします!

聖火リレーに応募したいという壮大なおまけの話

このプロジェクトを準備している最中に、巷では「聖火リレー走者募集」が始まったのを知りました。
主人に「応募してみようかな」と伝えると「いいじゃん、協力する」と言ってくれて驚きました。

私は健常者ではないので伴走者が必要だし、車椅子走行かもしれないし、そもそも選ばれる事自体かなり難しいでしょう。
でも、そういったことを考えられたり、口に出して言えることは素敵なことです。

だから、この応募も考えています!
万が一合格したら主治医の先生、OKしてね。





Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

コメントを残す
Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/ahab/animalhouseparadise.com/public_html/wp-includes/formatting.php on line 4798

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です